営業職

営業職とは?
メディアや人脈、時には足を使って情報収集。花や緑を必要とするどんな空間にも竹中庭園緑化のノウハウを提供することができます。大規模な造園、観葉植物のリース、展示会ディスプレイ演出など、お客様のご要望をお聞きしながら、最適なプランを提示します。竹中庭園緑化の営業フィールドは花と緑に関する全てを網羅しています。

キャリアアッププラン

すべてのスペースに私たちの営業チャンスはある。

情報をキャッチして、まずは会うことから始まる。
竹中庭園緑化の営業部は、主にビルや商業施設の空間に設置する観葉植物のリース提案を行っています。今や、ほとんどすべての商業施設に観葉植物が置かれており、オフィスビルにも設置されるケースが増えています。つまり、すべての空間、スペースに営業のチャンスがあると言えます。営業の仕事は、情報をキャッチして、まずはお客さまに会うことから始まります。例えば、建築中の新築物件を街で見かけたら、施主になっている企業の担当窓口を調べ、連絡を取ります。もっと早い段階、建物を取り壊すという情報で、営業を仕掛けることもあります。取り壊すというのは、新しい何かが建つということ。大阪球場取り壊しのニュース発表直後から営業をスタートさせたある先輩は、アプローチから8年かけ、見事に契約を成立させました。現在、なんばパークスの共用部に置かれている観葉植物はすべて竹中庭園緑化が管理しています。
行動し続ける限り、可能性がある。
私にとって記念すべき大型物件受注。それは阿倍野の地下街に設置されている他社の植木を見たのがきっかけでした。帰社後、その地下街のことを調べると、阿倍野だけではなく、他にもいくつか地下街を運営管理している企業が浮かび上がりました。さっそく会社案内を持って、その企業に飛び込みました。何とか名刺交換はしていただけたものの、「決まっているところに頼んでいるから、用はない。」の一言。必ずチャンスは来るはずだと自分に言い聞かせて、月に2回は必ず顔を出そうと心に決めました。最初の頃は「何しに来たんや。」と相手にしてもらえません。しかし、回数を重ねるうちに世間話をしていただけるようになり、次第に観葉植物に対する要望を聞けるようになりました。そして通い始めて1年半たった頃「いっぺん提案してみるか。」と声を掛けていただいたのです。それまでにお客さまのニーズをしっかりとお聞きしていたので、提案には自信がありました。その結果、京橋にある地下街での当社リース植物の採用が決定。年間の売上目標をはるかに超える規模の仕事をいただくことができました。どんなに状況が厳しくても、お客さまのところに足を運んでいるうちは、たとえ1%であっても可能性はある。だけど行かなくなれば可能性はゼロ。営業の仕事で何よりも大切なことはまず行動すること、そして決してあきらめないことだと思いますね。
お客さまが求めているものを、誰よりも理解する。
新しい品種、植物の生産地や出荷時期、生育に適した環境、手入れ方法・・・商品知識が無いと、何もお客さまに提案することはできません。また、お客さまと直接お話して、誰よりも、今、お客さまが求められていることを理解しているのが営業マンなのです。その上で、お客様の嗜好やニーズをしっかりとデザイナーに伝えることも大切な仕事。営業が企画やデザインにも携わることができるのも、この仕事の面白いところですね。どんなに信頼関係を築いているお客さまでも、小さなクレーム一つで信頼を失いかねません。だから、一つひとつの仕事に対しての強い責任と思い入れが求められます。私は可能な限り、お届け前に必ず自分で一つひとつ商品をチェックします。ご希望をお聞きするところからカタチにするところまで係わるからこそ、お客さまに喜んでいただいた時は本当に嬉しい。花と緑に関するすべてを提案できる会社は少なく、営業マン自らが現場に入って商品を自分の眼で見ることができる面白さが味わえるのも竹中庭園緑化の営業部の大きな魅力だと思います。

上田 猛夫 販売事業部 次長 グリーン事業部で現場経験を積み、営業部へ移動。現在は販売部を統括する。プライベートでは学生時代からの野球経験を活かし、野手として活躍、家庭を大切にする四児のパパでもある。