ショップスタッフ

ショップスタッフとは?
明るい笑顔で接客。お客さまのご要望を伺いながら、花束やアレンジメントをつくります。植物とプランターのコーディネイトを考えながら鉢物のセット。おすすめ品はブログ記事で紹介します。
さらに店長は、花や雑貨の仕入れ、売上利益の管理やスタッフの指導教育まで任される一国一城の主という感じです。

キャリアアッププラン

大好きな花と緑で人も私も幸せに!

知識・技術・センスより・・・必要なのは “体力と接客力”
フラワーショップで働く上で必要なことは?花に関する幅広い知識、デザインセンス、花を自在に操る技術・・・。身につけなければならないことは盛りだくさん。けど、一番必要なのは、実は“体力と接客力”。切り花だけでなく、大きな観葉植物も扱っているので、重いモノになるとその重量は30kg以上。可憐なイメージとは裏腹に、大きな鉢を運んだり、一日中、立ちっ放しだったり、体力勝負の仕事です。
それともうひとつ大切なのが“接客”。様々なお客様がいらっしゃいます。中には世間話をされに来られるお客様、差し入れを置いて帰って下さるお客様も・・・。全てのお客様に笑顔で帰って頂くために、とびきりの笑顔と、お一人おひとりのタイプに合わせた接客を心掛けています。
贈る気持ちと贈られる気持ち。
家でも花や植物を育てているのに、休日には店の緑や花たちが恋しくなるほど、この仕事が好きです。植物自体が好きなのはもちろんですが、贈ったり贈られたりするシチュエーションや、花を通して繰り広げられる素敵なコミュニケーションが好きなのかもしれません。
記念日に大切な女性に花を贈る男性。卒業の日まで数週間、ほぼ毎日、最後の授業の日の先生方に花束をプレゼントし続けた学生さんたち。アナタは、どんな時に花を贈りますか?誰に贈りたいですか?どんな気持ちで贈りますか?私は、贈る方の気持ちを考えると嬉しくなり、贈られた方の気持ちを想うと胸が熱くなるんです。
私もちょっぴり元気をもらうんです。
この6年間、様々な植物と出会い、色々なお客様と触れ合うことができました。花が好き、緑が好きという共通の気持ちで結ばれているから、お客様の気持ちが良くわかります。だからこそ、少しでも喜んで頂くために最大限の努力をしたいと思っています。
以前、“フジムスメ”という、紫色のバラを探されているお客様がいらっしゃいました。ネットで探したり、業者にたずねたり、手を尽くしましたが、珍しい品種なのでなかなか入手できません。『気長に待ってるわね。』とおっしゃるお客様に入荷のご連絡をできたのは1年後こと。なのに、『ずっと探してくれてたのね。ありがとう。』と、本当に喜んで頂けました。大好きな花と緑で人を幸せにできる私の仕事!お帰りになるお客様の笑顔と少しウキウキとした後ろ姿に、私もちょっぴり元気をもらうんです。

中路 香織 プランニングユニット 商品開発 ガーデニング好きの母の影響を受け、中学生の頃から花を育てる。園芸専門学校で植物の基礎を習得後、入社。フラワー&グリーンハンナ梅田ロフト店の店長を務めるなど現場での経験を活かし、現在、通販などの商品開発を担当。